母の難聴

久しぶりに母親のところに行ってきましたが、ほぼ私の声が聞き取れなくなっていました。
補聴器は装着し続けないとだめだと言い続けてきたのですが・・・。
内科の先生にも「耳鼻科に行きますか?」と言われたそうで、先生も「こりゃだめだ」と思ったのでしょう。
難聴の人特有の「聞こえたふり」をしたり脈絡のない返事をしたりと、難聴になれていないとびっくりしてしまう。

人はやらなくなったことは出来なくなっていきます。廃用症候群などが良い例です。
脳が「もうやらないで良いのですね?」とその機能を止めてしまう。
耳もそうなのではないかと個人的に考えています。
補聴器をつければ聞こえる状態は維持出来ますから聴力の低下は抑えられるのではないかと。
次に考えられるのは”聞こえたことに対して考える力”が落ちていくことです。

前の記事

脱水

次の記事

令和4年 夏