自営業主たるもの

優れた営業マンでないといけない。昔自営業主の大先輩からいただいた言葉です。

私は訪問専門の鍼灸あん摩マッサージ指圧の仕事をしていますが、保険での主たる訪問先は、独歩で通院出来なくなったかたとなります。
このコロナ禍で仕事が激減しています。

同業者からは「訪問件数に変化無し」の報告もあります。これは運なのか、日ごろの行いのせいなのか。。(仕事回せ(-_-;)

高齢者施設が軒並み”入館制限”を行い、我々出入り業者は”出入り禁止”になっています。
生活出来ませんので、施設から在宅にシフトチェンジしないといけないのですが、そう簡単に依頼は来ません。
保険を使う関係で法的に縛りがあり、宣伝に特化したチラシは撒けません。
営業先は介護事業所ということになりますが、このコロナ禍です。
出来ればコロナが収束するまでは訪問してくれるなといった介護側の気持ちも分からないではありません。
しかし筋力低下も病気の進行も、褥瘡のリスクも関節拘縮も待ってはくれません。
両者マスク、窓開放、おしゃべり最低限、サーキュレーター稼働。これで絶対に大丈夫とは言えないんでしょうね。
とある関東圏の高齢者施設では、1階で入り口付近の応接スペースを換気を確保して施術スペースとして開放し、入居者の権利を守っているそうです。
工夫すればなんとかなるもんです。
オミクロンBA.2は感染力も高まるそうですね。
こりゃしばらくダメそうですね。
ちなみに私は1度も感染していません。
あまりに過度に警戒するが故の”弊害”を恐れてほしいと思います。

前の記事

HbA1c

次の記事

健康二次被害