四十肩・五十肩

急性期の、なにもしなくても痛い状態が若干和らいできたタイミングで鍼治療をするのが一般的かと思います。
まずは整形外科に行って薬も処方されるでしょうし。
中々治らないなぁといった、なにもしなくても痛い 状態から少し時間が経った時に整形外科以外を検討されるのではないでしょうか。
私に依頼が来るのは「ほかの接骨院や鍼灸マッサージ院に行ってもよくならない人」が多いです。
どんな治療をしてきたかを聞きますと、全身的な施術が必要な症状だと思っていないセラピストが多いことに驚かされます。肩が痛いというから肩だけ治療したら良くなったことの連続だったんでしょう。それはそれで逆に凄いと思いますが、足の指から手を入れないと厳しい。私はそう思っています。
今のところ肩関節周囲炎に関しては改善率100%を更新中です。
1発は無理ですよ?
週に〇回治療して何か月といった目安は提示します。
体操もしてもらいます。確実に同意頂き、双方納得の上で私の治療は始まります。
五十肩に似た症状で厄介なのは腱板断裂、脱臼等の後遺症が有ります。(整復が今一つだったという事がありました。海外で外れて海外ではめて来たと言っていました)

四十肩・五十肩は初回は詳しくお話を聞きますので90分程頂きます。
以降60分を目途に鍼・灸・マッサージすべて行います。

ちなみに医師が同意書を書いてくれれば五十肩は保険で鍼治療できるってご存じでしたか?

前の記事

連帯保証人

次の記事

まる1か月滞る更新