サブスクリプション

あきらかに”お得感”がある商品以外は廃れていくでしょうね。
月費用×12か月×(何年使うか・使えるか)
莫大な金額になります。いわゆる”リース”とは訳が違います。
買い切り価格が比較対象となる訳です。
一体 月に何回行くのか・何回使用するのかも考慮しないといけません。

毎日行くような食堂でしたら月¥10.000で食べ放題はお得でしょう。
¥800の定食を月の半分食べれば元は取れますから。
なんなら なんとしても毎日行けば食費は相当軽減出来ます と思いましたが自炊の方が節約出来る と思った瞬間 支度・片付けといった時間と光熱費もコストに含めばやはり”お得”以外のなにものでもないですね。健康な人なら。

マッサージとか鍼灸をサブスクにしたらいくらが適切か考えてみました。
施術者側から考えればメンテナンスとしてなら週1
治療ならば最低週2は来てもらわないとご期待に添えることは難しいかなと思いますが、利用者側から見た場合どうなんでしょう。
月1しか行かないのにサブスクもないですよね・・・。年間サブスクのほうが良いのかな。年パス的な。
「年に何回行ってもサブスクリプション購入費のみ」が条件ですよね。
ベッドが何台あるか、何人施術者がいるかといったことも考慮しないといけませんね。
「いっつもベッドが埋まってて予約取れないじゃないか!」といった事態はサブスクでは避けたいですし。
料理屋であれば、食材を余らせるくらいなら原価であっても消費させたい がサブスク導入の動機の一つ。
我々の場合、ベッドを空けてしまう時間があるくらいなら半額でも埋めたい ということになろうかと思います。

週1で来院 半額で設定(相場¥5000として)
52週 × 2500円 = ¥130,000 13万円で年に何回でも鍼灸マッサージを受けられる・・・。お得感ある人はあるんだろうな。。
でもサブスク枠でベッドが埋まる事態になったらつぶれるw だめだこりゃ。ま、20%引きくらいの回数券が妥当でしょうね。
マッサージ業とは親和性低いなw
あ、私は訪問専門なので関係なかった。

前の記事

小顔矯正