だから言わんこっちゃない!

久しぶりに訪問再開となったとある施設。
とある利用者様が「夜中に腰が痛いと大声を出すようになった」と。
長く訪問しなかったことで『寝返り』が出来なくなっていました。
態勢を変えられないのは苦痛です。
座った状態で『一切』身動きしないで何分座ってられますか?

しかし施設を責めることは出来ないんですね。
誰がウィルスを持ち込むかわからない状況では出入り業者の入館制限は仕方がないのです。

また寝返りが出来るように誘導しますが「そんなの出来ないよ!」と怒る訳です。
「お手伝いしますから一緒にやってみましょうか」とか宥め賺し(なだめすかし)。←こういう字なんですね

結局あっけなく再び寝返りが出来るようになった訳ですが、これはマッサージをした後に取り組んだので、疼痛がある程度抑えられた状態だったからうまくいったんですね。訪問時間にも制約がありますので最大限に効率を高めるよう試行錯誤を繰り返した結果 
マッサージ→ROM→運動→リハ
この流れになった訳ですが、絶対ではありません。人それぞれです。ただマッサージは必須です。

そしてこの利用者様今度は、翌週訪問した際は仰向けで寝ることを嫌がるようになっていました。
理由が本人もわからないんですね。考えられることを尋ねるんですが「なんだかわからないよ!」と。
仰向けになってくれないと施術に支障が出て困るので、まずは受け入れて徐々に徐々に宥め賺し の繰り返しです。
4週かかりましたが今は仰向けになる事が出来ました。寝返りも左右とも出来るようになりました。

コロナも第2波が来たと言っている専門家もいるようです。ここで入館制限があればまた寝返りできなくなるでしょう。
ADLの著しい低下はQOLの低下につながると考えています。

難しいですね。この問題

前の記事

近況報告

次の記事

WordPressというやつ